・ソ 交通事故における慰謝料の計算基準とは

交通事故における慰謝料の計算基準とは

繝舌リ繝シ

交通事故における慰謝料の計算基準とは

交通事故に遭ってしまった場合、怪我の状態などによっては医療機関にかかる必要があり、相手側に慰謝料の請求をすることがあります。

このような場合の慰謝料については、2種類のものあがあり、入院や通院にかかった分の請求と後遺障害の分の請求です。
ここで、よくもめることが多いのは、入院や通院にかかった慰謝料に対してです。理由としては、被害者側にあまり知識がなかったり、被害者が感情的になってしまって、トラブルが増えてしまっていることもあります。

中には、保険会社に対してあまりよいイメージを持っていない人もいて、請求額に納得がいかないということもあるかもしれません。



しかし、交通事故における慰謝料については、計算方法があり、それに基づいて算定するのが基本となっています。

例えば、入院については、入院1日につき4200円と法律で決まっていますから、自分が入院していた実数が分かれば、おのずといくらになるかがわかってきます。

livedoorニュースについて興味がある方にオススメのサイトです。

ただし、計算式の基準については、任意保険基準や弁護士基準というものがありますから、同じ交通事故の状況であっても、どの基準に基づいて計算するかによっては、慰謝料の額が多少異なってくることになります。

どちらかというと、弁護士の基準に基づいて計算した方が請求額は多くなることになっています。
ただし、弁護士基準で支払ってほしいといっても、それが認められることはなく、弁護士基準での支払いを求めるためには弁護士に依頼することが必要になってきます。

交通事故の慰謝料に関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

Copyright (C) 2015 交通事故における慰謝料の計算基準とは All Rights Reserved.